【就活相談室】「面接が心配」〜前編(面接前の企業とのやり取り)〜

就職活動中の皆さんへ

こんにちは。キャリア支援センターです。
今回は「面接が心配」というお悩みに対する特集の〜前編(面接前の企業とのやり取り)〜です。

今回は書類選考を通過し、面接選考を受ける際の企業との事前のやり取りについて、確認していきましょう。


Q.企業から提案された面接日程が合わない場合の対応は?
A.まずは企業に相談してみましょう。
企業から提案された日程が講評会やテストなどと被ってしまう可能性があると思います。そんな時は、まずは企業に相談してみましょう。スケジュールを調整してくださる企業が多いです。企業も多くの就活生を相手にしているので、できるだけ早くご連絡できるといいですね。
教育実習の日程と重複した場合も、まずは企業に相談しましょう。教育実習の日程を変更することは難しい場合が多いです。


Q.当日、遅刻しそうな場合ややむを得ず行けなくなってしまった場合の対応は?
A.すぐに電話連絡しましょう。メールはNG!
面接当日、交通機関の遅延や急な体調不良などどうしても間に合わない、行けないという場合はすぐに電話で連絡をしてください。メールでは、いつ見てもらえるか分からないため、必ず電話をしましょう。
面接当日にメールで辞退の連絡をした場合、大学全体の信用も欠けるということで、「今後同じ大学からの採用は見送る可能性がある」といった、後輩にも影響するケースもあります。絶対にやめましょう。


Q.電話・メールの注意点は?
A.下記4点を特に注意!

①必ず大学名と氏名を名乗る(電話・メール共通)
②用件を完結に伝える(電話・メール共通)
電話では担当者を確認してから用件を簡潔に話しましょう。スケジュール帳やメモを用意しておくといいですね。
メールの文章の場合も、簡潔にわかりやすくまとめましょう。

③時間帯や周りの騒音にも注意(電話)
遅刻などの緊急の連絡ではない場合は、始業直後やお昼時、終業時間間際を避けて、静かな場所で、電波にも気を配って電話をしてください。

④返信する時は件名を変えない(メール)
送られてきたメールに対しては、件名を変えずに送った方が、過去の内容を振り返りやすいため親切です。
なかなかメールの返事がもらえない場合は迷惑メールフォルダに入っている場合や、忙しくて読み飛ばされている可能性もありますので、しばらく待っても返事が来ない場合は電話で問い合わせてみてもいいかもしれません。


電話やメールの基本的なマナーは下記を参照してください。

現在キャリア支援センターではSkypeまたは対面での面談を受け付けています。
企業とのやり取りの中で、悩むことがあれば、お気軽にご相談ください。
ご予約の際は各キャンパスのキャリア支援センターまでお電話くださいね。

▼Skype面談について詳しくはこちら
https://www.joshibi.ac.jp/news/1032



▼その他の「就活相談室」の記事はこちら
【就活相談室】記事一覧